スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重山採集旅行記 序章

お久しぶりでございます!!
ついつい忙しくて更新を先延ばしにしていたら気付いたらこんなに期間が空いてしまいました(>_<)
楽しみにしてくださっていた方々すみません!!m(_ _)m


そんな訳で今ネタが大量にあるのですが、まずは題名にも書いてある八重山採集旅行のネタを消費しようと思いますっ‼︎( ̄^ ̄)ゞ



八重山って言っても、色々な島を回って採取をした訳ではなく、メインが西表で四日間、次に1日だけ石垣に行った感じですので、本当は「西表、石垣採集旅行記」にでもすればよかったのですが、なんか長いのでこうしました笑


んで、内容なのですが、何処で何を採ったやどうだったとかをメインに書くのではなく、何処何処で飯を食べた、宿泊した、移動した等の話をメインでしていきたいと考えてます♪( ´▽`)

だって、採集の情報ならこのサイトで見るよりも他のサイトで見た方がきっと色々書いてあるでしょうしね笑( ´ ▽ ` )

そこに得た知識を付け加えつつやっていけたらいいかなぁ~とも思ってます笑
皆様の為にもなるでしょうし、何より自分が忘れない為にもなのですが…w

まあ、取り敢えず序章はこんな感じの説明で終えておこうと思いますっ‼︎( ̄^ ̄)ゞ
長くなるとそれはそれで大変ですのでw


それでは( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

今年の最後の記事

今年も残すところもう僅かとなってしまいましたね(*^^*)
皆さんは如何お過ごしでしょうか?僕は相変わらず何も変わらない日々を送っています笑
強いて言うならばブログを更新する時間が取れたあたりが毎日と違う所でしょうか?
まあ、強引に絞り出したというのが正解なのですが…w

実は今年中に色々とネタを消化したかったのですが、出来ずじまいのネタが沢山あります。
なので、ここで全てを消化!!(((o(*゚▽゚*)o)))

…と、いう訳にはいかないので来年に持ち越しです笑
多分このネタ達がブログ上に現れるのは早くても2月以降ですかね…
遅ければ3月以降…

まあ、シロアリやショウジョウバエの飼育培養の事ですのでそこまで引き延ばす価値は無いのですがねw
でもまあ、一応ブログに書いておきたいのですよ!!
主に自分が忘れない為に笑


そういえば、五年ほど前に生物教育委員会が主催する発表会でポスターセッションをした時のデータをちょくちょくここに載せてて結局途中で飽きて半端なままぬなっているのを思い出しました…(>_<)

まあ、特に期待されていた方もいらっしゃらないと思いますが、また機会が有れば載せようかな♪( ´▽`)
中途半端ってのが嫌ですしね笑



さて、枕が長くなってしまいましたが今日は前回のヒーターが壊れてしまった話の続きですw

あれから、パネルヒーター(ビバリア マルチパネルヒーター 14wをネット通販(ワイルドモンスター)で購入し、届いて即つけてみました!!
すると、あれだけ引きこもりがちだった奴等が…



二匹仲良くご飯!!(((o(*゚▽゚*)o)))
いやー、ここまでしっかりでてくれるようになるとやはり嬉しいですね(*^^*)
ただ、こちらがゴソゴソとすると驚いて少し隠れてしまうのでケース越しなのが辛いですが…(>_<)

兎に角良くなってくれて良かった‼︎♪( ´▽`)
それに、今まではショウジョウバエを食べるのが下手だった子もしっかりと食べるように!!
よかったよかった!!(*^◯^*)
そのおかげでデブを進行させてしまってる感が否めませんが笑↓↓



ただ、最近気になっているのですが…うちの子二匹ともオスかもしれません。
まだ実際に鳴いてるとこを見たことが無いので確証はないのですが、餌を食べる時に喉から時折「くっ…くっ…くっ…」と、小さい音が漏れてくるのです。
だからオスかなーと勝手に決めつけているのですが笑(*^^*)

最も、仕組み的に雌雄ともそうなってしまうものなのか、それともオスだけなのかは分かりませんがね…w
これも来年への課題かな笑?



最後になりましたが、今年一年この不定期で趣旨もあやふやなこんなブログを見ていただき本当にありがとうございましたm(_ _)m
また、よろしければ来年もお付き合いの程お願いします( ̄^ ̄)ゞ


それでは、皆様よいお年を♪( ´▽`)

なんと!?

ここ最近、ヒーターつけているにも関わらず水槽の温度が18~22度辺りで停滞してたので水槽のしたから動いてるはずのヒーターを取り出してみると…






わあぉ!!
水が…水が…プレートの中にまで!!
というか、サビてる!!
そりゃ動かないわけだ。

結露した水滴が下に落ちて溜まってしまったのでしょうね…もったいないことをしてしまった(>_<)

しかし、マルチパネルヒーターって生活防水じゃなかったでしたっけ?
いや、あれは他の製品かな??
ともかく、買い換えなければ!!
そして、早く保温せねば!!



と、いうわけで取り敢えず急遽衣装ケースを被して仮温室みたいなものを作りました。
一応余っていたパネルヒータを下に引いたのですが、弱めなので温内部循環をさせている水の温度が22度止まり…。
中の気温はほぼ水槽の上の蛍光灯で温度を保っている状態です(>_<)


んー、最近どうもカエルの方も痩せ気味で調子が悪いですしちょっと気が抜けません。
取り敢えず明日にでも買いに行かねば。


それでは。

WAGAfrog培地 vs SpringTails培地

最近忙しい日々が続いてしまって嫌になっちゃいます。
まあ、年末ですし仕方が無いと言えば仕方が無いのですが…w
しかし、ついついブログの更新の優先順位を下げてしまうのをどうにかせねばなりませんね(>_<)
脳内でネタをストックできる限界がそろそろ近付いて来ている気がしますので笑


てなわけで、今回消費するネタはこちら!!

WAGA frogさんの培地を使った感想及び検証結果です!

本当はことあることに上げていれば楽だったのでしょうけれども、気付けば全てまとめてになってしまいました(>_<)
何だか試験前日に一夜漬けしている気持ちです笑
だから書くことが増えてしまい余計に更新が…というデフレスパイラルに陥るのですねw


んで、結果がこちら!!

WAGA Frog


SpringTails培地


もう、wagafrogの圧勝です!!

一時期、wagafrogの方にカビが生えてきてもうダメかなーと思ったのですが、それでもショウジョウバエが沸いてき、遂にはカビを圧倒する始末!!
ウジの抗菌パワーとwagafrogさんの培地の威力を侮ってはいけませんね笑
にしても、カビてても中々の湧き(正直言ってショウジョウバエってここまで湧くのかと驚いたレベルでしたがw)を見せてくれましたがカビてなければ更に良い結果が得られたことでしょう!♪( ´▽`)


一方springtailsさんの培地の方も湧いてはいたのですが、量的には大体1/4~1/2って所でしたね。
ただ、カビが生えず匂いも気にならない!
という点ではspringtailsさんの方が圧勝でしたね笑
Wagafrogさんの培地は結構な匂いがしましたから…(>_<)
最も、それもカビが原因でのことかもしれませんが。


カビのこともそうですが、他にも気付いたことがありました。
それは…


蓋の隙間にウジが入ってしまうことです(>_<)
カップによってまちまちなのですが、蓋の取り付けが甘いのはぐっと押し蓋をしても隙間ができてしまうようです。
下手をすると百匹ぐらいのウジが隙間をうにうにと…。

数が少なければ手で取ることも可能でしょうが、それよりもいい方法があります♪( ´▽`)
それは、蓋の溝に水を少し入れて流してやると…


こんな感じに思ったより楽に取れま(*^^*)
後は溜まったのをカップの中に水ごと入れてやればおkです♪


因みに、カビが湧く条件はどうやら一番初めに加えるショウジョウバエの量に依るようで、当然培地にも依りますが、防腐剤が加えられていない培地でこのカップぐらいのサイズだと最初に200程ショウジョウバエ加えないとカビが生えてくる可能性が高くなるみたいです。

どこぞのカブトムシクワガタを扱っているショップのショウジョウバエセットとは言いませんが、最初に入れる量をケチると培地はカビるはダニは増えるはで大変な事になり最悪ウジが全滅してしまう恐れもあります(>_<)
最も僕が買ったウィングレスショウジョウバエにはもう既にダニが混入された状態で送られてきたのですが…。

てか、今更考えるとあれウィングレスじゃなかったんですよねー
翅ありましたし笑
しまった…送り返して変えてもらうべきでした…(>_<)
あー、またウィングレスを扱っているいいお店を探さなければ…orz


なんだか最後の方はほぼ愚痴になってしまいましたが、兎に角結果はwagafrogさんの培地が圧勝ということでした!

ただ、この実験は量も容器も環境もバラバラでしたので、今度試す時は条件をできる限り同じにしてみないといけませんね(*^^*)
それに、この培地だけでなく他の色々なのを試して…
うん、時間がかかりそうだから来年かな笑?


それでは( ´ ▽ ` )ノ

WAGA ff Kit セットの仕方

さて、続きましてこちらはWaga Fruit Flies Kit のセットの仕方の記事です。
何だかセットの説明の方がだらだらと長くなってしまったので、こちらはシンプルにいきたいと思います(^^)

① 培地を加える


こんな風にサッと加えるだけです。
その後加え終わったらコップを数回トントントンとして培地を水平に均すといいでしょう。

因みに、下の画像がwagaさんの培地と僕が普段使っているマッシュポテト培地になります。


こう見比べでみるとやはりwagaさんの培地の方が色々と手が凝っているの分かりますね。
それに事実とても甘いですし笑。


② 水を加える


ここでのポイントは水をwater levelと書かれたところまで注ぐ事です。
培地の量も含めての水の量ですのでそこまで神経質にならずに、且つ周りに培地を飛び散らせないようにゆっくりラインまで入れましょう。
次には混ぜるのでその時に使用する棒に水を伝わらせて入れるのが良いでしょう。
なお、ここで入れる水は出来たらイオンなどの無機物を抜いた浄水が良いようです。
やはりそういうものが入ると少し培地も変化してしまう恐れがありますからね。


③ 混ぜる


溶けてない粉が無くなり、しっかり均一になる様に混ぜましょう。
混ぜている棒に少しつくなーと思う程度が良いようです。


④ フタをして発酵させる


30秒待ちましょう。
ただし、Drosophila hydei(カスリショウジョウバエ)やDrosophila fruitfliesを入れる場合は8時間発酵させると良いとのこと。


⑤ 不織布を入れる


ショウジョウバエの幼虫が蛹に成る際の足場です。この時底に刺すように入れたらいいでしょう。
また、不織布の上の末端はカップの端につかないように中へ折り込む様にすれば餌を与える際にハエが逃げ出しにくくなります。


⑥ 種ショウジョウバエを入れる


手持ちのショウジョウバエを入れましょう。
この時100匹ぐらい加えると良い結果が出る様です。
また、カップ内で幼虫の動きが目立つ様になったらこの種ショウジョウバエをカップから取り出してやるとダニの繁殖を更に抑えられるとの事です。


そして、以上の行程を終えたのがこちら


見た目がこの様に成れば完成です!!

培地の飼育の際の温度は大体21~26度がいいでしょう。19度以下になったり、29度を上回ったりすると湧き効率が落ちてしまうので注意です‼︎

ここまで写真を撮りつつしても5分もかかりませんでしたね。
いや、培地のセット自体がそこまで時間のかかるものじゃないのでこのタイムが早いとは何とも言えないのですが…それでもいつもよりはラクだったですね♪( ´▽`)

あ、そうそうそれと説明書の方に" Teaching video of 'How to culture fruit flies by Waga Frog Shop ' can always be review on YouTube"と書いてありましたが、聞いてみると簡単が売りだから動画は上げていないという事だそうです。
まあ、確かにそれはそうですけれども…でもやっぱり初めては少し不安になるじゃないですか?まあ、そう思ってこの記事を書いているのもありますが笑。

それと、説明書のセットの仕方⑥の"seed fruit flies"が誤植で"seed fruit files" になってますので一応注意です。
間違って果物の種木の列を入れたりしないでくださいねw?

今後は、どの様に湧いていくかが楽しみです!!
一応比較用にマッシュポテト版で同時期にセットしておきましたしね(*^^*)


また結果が分かれば上げるとしましょう!


それでは( ´ ▽ ` )ノ
TOP
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ねこがめ(きょうか)

Author:ねこがめ(きょうか)
生き物全般が大好き。その中で専門の分野をあげるとすると昆虫と蛙。でも、最近昆虫成分少なめ。アウトドアも好き。でも、最近引きこもりがち。どしましょ。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
月別アーカイブ
Motion Clock
ブログ主のつぶやき>(´・ω・
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。