スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふふふ

殆ど間を置かずにまた更新しました~~

でも、今までの自分の傾向から考えるとあと、2,3回したら長期放置期間に入ってしまうかも・・・w
放置癖がついているな~~、俺w

まあそんな事(?)はおいておいて、今日ブログを更新したのはイイ感じで写真が撮れたからです☆

それは・・・
110728_112359.jpg
Neptis pryeri ホシミスジ

これです☆
『イイ感じ!!』
と、思った人は拍手をしてください!!

あ、因にこの写真は携帯でとりました
殆ど接写でしたよw

一応私は虫屋ですので、コイツ↑の話をさせていただきましょう
って、改まって話すような虫でもないのですが・・・

ん~~、ホシミスジ・・・

・・・
・・


あ、コイツの後翅食べられちゃってるや
スズメか何かにかじられちゃったのですかね~~

時々、左右対象に食べられちゃっているヤツとかいますね
閉じているときに後からこう、ぱくっと・・・

おいしいのかな??

さておき、イチモンジチョウ(ホシミスジ↑等の仲間です)系はよく優雅に滑空しているのを見かけますね
ふわっ、ふわっ、スー
って感じに・・・分かりにくいですかね
ホントに見てて『コイツ優雅に飛んでやがるなあ~。』って思いますよ

翅が白と黒でシンプルなツートーンで爽やかで私は好きですね
特に触覚の先端の黄色が良いですね~~☆
さらに、胸部のちょっとした緑っぽい光沢がなんとも…

そういえば、さっき図鑑で調べたのですが、コイツは全国では局地的に分布しているとか・・・
神戸近辺ではいっぱい見るな~

あなたの近所にはいるでしょうか??

それでは
スポンサーサイト

眠いや・・・

朝、自転車をこいでると手袋が恋しい時期になりました。
冷たい風があたり手がかじかんでくる・・・。
明日辺りから、手袋をしていきましょうかね。

ん~、手袋・・・アレ?どこだ・・・?
あ、探しておこう・・・。

さて今日の朝、ふと郵便ポストを見ると・・・
101119_075549.jpg
Pseudozizeeria maha ヤマトシジミ

寒そうですね・・・。

温度が低いため、触っても全然動きませんでした。
帰って来たらいなくなっていましたけれども。

にしても、最近全然標本を作っていませんや。
・・・溜まってるのをやっちゃうか。

それでは。

アサギマダラ

IMG_1487.jpg
Parantica sita アサギマダラ
【撮影・2009/08/06 兵庫県養父市福定】

タテハチョウ科 (Nymphalidae) マダラチョウ亜科 (Danadinae)
【分布】本州、四国、九州、沖縄
【成虫出現時期】4~7月 9~11月
【開張(mm)】 40~70

知っている人も多いのではないのでしょうか?
日本本土と南西諸島、台湾の間を往復している渡り蝶(?)のアサギマダラです。

やっぱり、毒があるからでしょうか?
人を恐れずに優雅に飛んでいました。
あの優雅さはいいですね~。
目の前をふわふわと。

そして、この翅もいいですね。
黒と白と褐色。
スッキリとしているけれども惹かれます。
うん、いいデザインだ!!

アゲハチョウ

IMG_0289.jpg
Swallowtail butterfly アゲハチョウ
【撮影・2009/10/02 兵庫県神戸市須磨区】

アゲハチョウ科(Papilionidae Latreille) アゲハチョウ亜科(Papilioninae)
【分布】北海道、本州、四国、九州、沖縄
【成虫出現時期】3~11月
【開張(mm)】 35~60

説明なんて要らない程にポピュラーな蝶です。
本当に。

普通種なので見過ごしがちですが、なかなか美しい翅をしています。
でも、この柄はなぜか飽きますね。
見過ぎているからでしょうか。
我が家に植えてある小さいスダチの木に産卵しに来ていますしね。

そういえば、小学校の頃に学校で飼育した覚えがあります。
いや、モンシロチョウだったかな・・・あまり覚えていません。
とりあえず、飼育しやすいから本種なのでしょう。

そういえば、平家の家紋は本種に似ていた覚えがあります。
蝶を家紋にしている家は多いようです。

キタテハ

kitateha.jpg

Polygonia c-aureum キタテハ
【撮影・2010/04/05 兵庫県神戸市須磨区】

タテハチョウ科(Nymphalidae) タテハチョウ亜科(Nymphalinae)
【分布】北海道、本州、四国、九州、沖縄
【成虫出現時期】3~5月 6~11月
【開張(mm)】 50~60

どこにでもいる一般的な蝶です。
北の方では雪の残っている時にも飛び回っているみたいです。
まあ、日差しが強い日には春と勘違いし飛び回っているだけなのですがね・・・。

本種は成虫で越冬します。
越冬から目覚めた蝶はその後産卵し、その卵は初夏頃に成虫になり、また成虫が産卵した卵が秋になると成虫になり越冬するというライフサイクルです。

そう考えると、本種は季節感がはっきりしている蝶です。

写真では見にくいのですが、翅の外側が凸凹しているのは破れているわけではなく元々です。
また、本種の翅の裏側は枯れ葉のような模様をしています。

どうやら翅が凸凹しているのは枯れ葉に似せるためなんですね。
と言っても、写真のように日光浴していればあまり意味がないのですがね・・・。
TOP
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ねこがめ(きょうか)

Author:ねこがめ(きょうか)
生き物全般が大好き。その中で専門の分野をあげるとすると昆虫と蛙。でも、最近昆虫成分少なめ。アウトドアも好き。でも、最近引きこもりがち。どしましょ。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
月別アーカイブ
Motion Clock
ブログ主のつぶやき>(´・ω・
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。