スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Frog』と『Toad』って。

去年の春頃にガラケーからiPhoneに乗り換えてから、インターネットでカエル関連やナショジオ等の記事をみつけてはPDFに変換して保存するという謎の趣味をしています笑( ´ ▽ ` )

ただ、カエルの記事の多くはどういう訳か英語のものばかりとなっています( ̄^ ̄)
多分日本語でも色々とあるんでしょうけれども、上手く巡り会わないんですよねー(>_<)
誰かいいサイトとか知らないかな…|・ω・*)チラ


そういう訳で最近英語の記事を読む機会が多いのでそこで思った疑問が一つ、それは…

『Frog』と『Toad』分けるのって何でや?です!!

んで、話が長くなりそうなので結論の方からいってしまいますと…


・カエル全般を指す時には学術的にもFrogだけで問題ない。

・ただ、Frog and Toadと記述の仕方も慣用的に使われている

・その場合、Frogは主にアマガエル等の皮膚が湿っている種類を指す時に使う

・一方、Toadはガマガエル等の皮膚が乾燥していてイボのあるような種類を指す時に使う



との事でしたー( ´▽`)
主にウィキ先生に書かれていた事をまとめただけなような気がしますが…気にしない気にしない♪


つまり、Frog and Toad と分けて表現する事があるのは「ノリ」という事だそうです笑

そう考えてみると、英語圏の人の方が日本人よりもちょっぴりカエルに詳しいのかもしれませんね(*^^*)
だって、日本人が田んぼでアマガエルに出会っても山でヒキガエルに出会っても、他人に伝える時は

「今日カエルに出会ったんだよ~。」

で片付いてしまいますが、英語圏の人なら
「今日Toadに出会ったよ。」
とか
「今日Frogに会ったね。」
ってどんなタイプのカエルに会ったのかが分かりますからね♪(^ω^)

でもまあ、何処の国の人にしろカエル好きがカエルに出会ったのならば…
「今日ミヤコヒキガエルに会ってね、めっちゃ可愛かった!!!(((o(*゚▽゚*)o)))」
ってなりそうですね笑
僕自身海外のカエラーには会ったことないですが、きっとそうなはず!!


あ、因みに僕はToadも好きですけれどもそれでもどっちかと聞かれたらやはりFrogの方ですね。
だって、ヤドクガエルがそっちに分類されるもの( ´▽`)
ただ、最近僕の中ではHoly Cross Frogの株も上がってるんですよね

あ、でもこれFrogですね笑
いやでもこいつCrucifix toadとも言うし…んー、どっちなんだ!?


今回は画像が無くて文章だけの味気ないものとなってしまいなしたが(僕としてはある意味一番これが楽)、読んで楽しんで頂けたら幸いですm(_ _)m
それでは(^q^)ノ
スポンサーサイト
TOP
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ねこがめ(きょうか)

Author:ねこがめ(きょうか)
生き物全般が大好き。その中で専門の分野をあげるとすると昆虫と蛙。でも、最近昆虫成分少なめ。アウトドアも好き。でも、最近引きこもりがち。どしましょ。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
月別アーカイブ
Motion Clock
ブログ主のつぶやき>(´・ω・
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。